今更なオブリビオンブログ
おもにMOD関連のメモを書いていくと思います、MODをいじったり、作ってるのが楽しいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利ツール「Mod Organizer」について
ちょっとの間PCゲームから離れていたら「Mod Organizer」(通称MO)という滅茶苦茶便利そうなMOD管理ツールが登場していたではないですか!
これはtool仮想Datフォルダを作ってMODを使えるので元のDatフォルダを汚さずにMODを使えるので再構成も楽で
上書きがあってもツールがどのファイルがどのファイルを上書きしているのかを知らせてくれるため
Bethesda SoftworksのゲームのMODはこれがあればかなり楽に管理できそうですね
一部のUIをいじるような物はDatファイル内をどうしても上書きしなければならないためこれはありがたいです


一応Oblivionにも使えるのでインストールから使い方までを解説してみたいと思います
SkyrimやFalloutに使うときも基本的に同じです

まずMOをダウンロードしてから最初に起動した画面がこちら
2016040301.jpg

ちなみにダウンロード先はnexusのskyrim用のMODのページですがオブリやFO3等の他の色んなゲームでも使えます(対応していれば)
この画面ではどのゲームのMODを管理するのかを選びます
MOでMODを管理できるゲームはMOが自動で検索して表示してくれます

※重要:インストール時には「C:\Program Files (x86)\…」以外の所を指定しましょう
 このProgram Filesフォルダの中に入れてしまうとそのファイルはWindowsの余計なお世話機能でシステムファイル扱いされるため
 MODを編集したいときにいちいち管理者権限で実行しなければならず不便です

選んだらそのゲーム専用のMOD管理ツールになります
複数のゲームに使いたいときはそのつど入れなおしましょう


で、こんな画面になります
左側がMOが認識しているMODファイル群(MO管理下の物だけ)で右側が仮想Datファイル(MOの管理に無い物も含む)になります
2016040302.jpg



・最初の設定
MOは日本語に対応しています。(訳せていない部分などあったりしますが元々海外のツールなのでしょうがないです)
まずは設定しましょう
上の左から6個目のツールアイコンの「Settings」→「General」のタブ(最初のタブ)→「language」で日本語をえらびます

次に
左から3番目のアイコンの「プロファイルの設定」→「ArchiveInvalidationの自動化」をチェック
これをすると仮想のArchiveInvalidation.txtを自動で生成して使ってくれます
(ただしMOで管理している物だけ?)
ArchiveInvalidationはNMMやOBMM、FOMM等のツールでも自動化する項目があります
ArchiveInvalidation Invalidated
等のようなツールは当然不要です
この部分はプロファイル毎に設定しなければいけないので新しくプロファイルを作った場合は忘れずにチェックしましょう
「Mod Organizer\profiles」の中に作られていきINIやMODのロードオーダーも個別の管理となります



・使い方
使い方の解説…と言っても大体は触ってみると感覚的に分かると思うので分かり難そうな部分だけ


MOD登録
一番左上のアイコンで登録するMODを選択します
このときにMODは圧縮ファイルのまま選択すればOKです
入る場所は「Mod Organizer\mods」となります
この方式でインストールしたMODは右クリックからMODの再インストールをすることが出来ます
そのため体系MOD等のインストール時にスクリプトで色々選択できるタイプのMODでの入れなおしが安易に出来ます
(圧縮ファイルの場所を覚えているためなので再インストールするかも知れないMODはあらかじめ分かりやすいフォルダにまとめておいておきましょう)

あと、たまにフォルダ構成の問題でそのままインストールすると認識しないことがあります(インストール時にエラーが出ます)
が、一旦そのままエラーを無視してインストールして手動でフォルダ構成を直すのをお勧めします
なぜならそういう時は大抵readmeファイルがespファイルの上の階層にある構造だからです
インストール時に深いフォルダを指定すればそのままインストールはできますがその場合readmeファイルが漏れてしまいます


カテゴリーの追加
左から6個目のツールアイコンの「Settings」→「全般(General)」のタブ(最初のタブ)→「Configure Mod Categories」でカテゴリーの一覧が出てきます
ここで右クリックから追加や削除が出来ます

カテゴリは入れ子にすることも出来ます
まず親にしたいカテゴリを作ってから子にしたいカテゴリの「親カテゴリーID」の部分に親にしたいジャンルのカテゴリのIDを入れればOK
親カテゴリーに「作者」として子に作者名のカテゴリを作ったり
必須MODの多いもの用に親に「大型MOD」を作ったりすると管理がしやすいです


検索機能
上の画像の青枠の部分に文字列を入れれば登録MODやespの名前から検索が出来ます
沢山入れてくるとこれが便利


外部ツールの登録
左から4個目の歯車のアイコン、もしくは実行ボタンの横のボックスをクリックして出てきた<Edit..>を選びます
実行ファイルのところに使いたいツールを指定します
これでTES4Edit等を登録して立ち上げるとMOの仮想Datファイルを認識した状態で立ち上がります
TESConstructionSetやGECK等の公式MOD作製ツールを「OBSE」や「FOSE」を使えるように登録する際には「XXXX_loader.exe」を登録して引数のところに「-editor」と書いておけば拡張スクリプトを扱えます
以下のSSを参考にして下さい
2016040303.jpg

あと注意点としては登録から起動したツールでMODを作った場合は「Mod Organizer\overwrite」のフォルダに保存されるということくらいでしょうか…
スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。