今更なオブリビオンブログ
おもにMOD関連のメモを書いていくと思います、MODをいじったり、作ってるのが楽しいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリプトのスキップ
以前作ったMODで何故か実行されるべきコマンドが実行されていない、という現象がありましたが、(ZoomModDropTorchMOD、解決済み)調べてみた所、どうやら「オブジェクトスクリプト」や「マジックエフェクトスクリプト」は、実行頻度が高いかわりにスクリプトの実行がスキップされることがあるようです。

今までの自分のMODの動きから見ると、全部のスクリプトがスキップされるのではなく、最後の命令文のみがスキップされています。
なので、最後に実行する命令文にはスキップされても問題の無いものを持ってくるといいのかもしれません。

もしかすると、もっと重たい環境で実験すれば変わるかもしれませんが、それだとたぶんもうまともにゲームが出来ない環境になると思うので考えなくてもいいでしょう。
…いや、でもよく考えたら1フレームだけスキップされてもゲーム中にはよくわからないし、全部の処理がスキップされているかも…?

一方、クエストスクリプトは他と比べて実行頻度が低いものの必ず反応するようになっているそうです。
実際自分で作っていた時にクエストスクリプトはオブジェクトスクリプト並みの実行頻度には出来ないのは確認しています。


ヴァニラのクエストで、ダイアログのスクリプトでも、スキップされることがあるのを確認しました。
シーフギルドのクエストで、あるアイテムのクエストアイテムフラグがオフになるべき所を、クエストが終わってもそのままになっていることがありました。

そういえば、シギルストーンを取得しても、オブリビオン内に取り残されるという原因不明のバグがありますが、これって、このスクリプトのスキップが原因なんじゃないでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

CollorLightMagic
公開直前になって不具合が判明したのですが、「Light」は、出現位置から、ある程度移動させると、なぜか周囲を照らさなくなるようです。
実質、スペルを唱えた付近でしか使えませんが、これはOBLIVIONの仕様のようで…、どうしようもなさそうです。
一応は作ったので公開しますが…。
暗い洞窟内で使おうとすると、何度も唱えなおさなければ、使いものにならないかもしれません。
用途はほぼSSの撮影専用になってしまうかも。

http://www.4shared.com/zip/yVE7wfTB/CollorLightMagic.html

■概要
発光する色を変更できるLightの魔法を覚えます。

「CollorLight」と「CollorLightSetting」という魔法(幻惑魔法)を覚えます。
CollorLightSettingで色を変更でき、CollorLightで変更した色のLightを使用できます。
色は「白色」「松明の色」「赤色」「緑色」「青色」「黄色」「紫色」「水色」の8種類になっています。

仕組みとしては魔法を唱えると、設定してある色の「Light」をプレイヤーの近くに呼び出すというものです。

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム

色つきライト

以前作った松明落としのMODの応用で、明かりをプレイヤーに追従するようにして、もっと種類を増やすことで、色んな色のライトを作れないかと思って作ってみました。



明かりは3Dデータが無いため「Begin OnLoad」が使えませんでした。
しかし、基本は同じ処理で、松明扱いにした明かりを、「PlaceAtMe」というコマンドで呼び出しています。
制御や消去する処理は、明かりに付けたスクリプトで行っています。




あと、今回はアイテムを消去する際にメッセージを表示させない方法として、「Message」の仕様を利用した方法をとりました。




本当にただ色つきのライトなだけではつまらないと思い、プレイヤーがスニーキング中なら追従しないという処理を付けました。
スポットライトとして使えます。




重ね掛けをすると陰影がすごいことになります。



ダウンロードは次の記事で。

テーマ:Oblivion - ジャンル:ゲーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。